ケノンもみあげ女性[写真付]理想のもみあげにする方法と期間は!?

家庭用脱毛器ケノン

 

佐々木遥
佐々木遥

ケノンなら、もみあげも脱毛できます。

もみあげの形にこだわる美容女子が増えています。

以外と、もみあげ一つで人の印象が変わるからです。

しかし、一方で

「自分で整えるのは難しい」

「何度も脱毛処理を繰り返すのが面倒」

という声も。

佐々木遥
佐々木遥

ケノンなら自宅で手軽に脱毛できます。

しかし理想のもみあげの形になるまでどのくらいの期間が必要なのでしょうか?

この記事ではケノンを使ってもみあげを脱毛するときの正しい手順と、その期間について詳しく解説します。

効率的にもみあげ脱毛を進めるためのノウハウを身につけてください。

\安心の2年間保証付き!/

ケノンもみあげ女性|理想のもみあげにする方法

もみあげ脱毛をスムーズに進めるためのコツ、知りたいですよね?

ケノンを使って理想のもみあげを手に入れる方法を詳しく解説します!

🌸ステップバイステップで理想のもみあげを目指しましょう。

 

1. 肌を清潔にしておく

まずは照射する部位を清潔にしましょう。

3日から1週間前までにシェービングをしておきましょう。

処理時に肌から少し毛先が出ている状態がベストです。

他の部位は前日か、2日前くらいのシェービングでも大丈夫ですが、もみあげの場合は毛が細いので1週間くらい前に剃っておくといいでしょう。

 

2. 適切な出力で照射

ケノンをもみあげに照射するときは、洗顔料や消毒液などで汚れや余分な皮脂を取り除きましょう。

照射前はアルコールフリーの化粧水で肌を整えることをおすすめします。

つぎに照射する部位は保冷材で数秒冷やします。

照射レベルが強いとヒリヒリすることもあるので、冷やすことで負担を抑えられます。

そして目を守るために付属のサングラスを着用しましょう。

ケノンは本来、目の周りへの照射は禁止されています。

サングラスを着用していても、強い光が出るので目をつむっておきましょう。

もみあげは、プレミアム・カートリッジを使用します。

ケノンの照射レベルは10段階。

ケノンの照射レベルは、初めての方や敏感肌の方は低い出力から始めて慣れてきたら徐々に上げていくのがベスト。

照射レベルが高いほど効果が高いですが、レベル5まではほとんど変化を感じません。

佐々木遥
佐々木遥

わたしはレベル8でもみあげを照射していました。

痛みはそこそこありますが、耐えられる程度なので強すぎず弱すぎずといった感じです。

人によって皮膚の薄さや感じ方も違うので、まずレベル3あたりから徐々に様子を見るのがいいでしょう。

照射後は保冷剤で保冷します。

肌には必ず少なからずダメージがありますので照射後はなんともなくても必ず冷やしてください。

思ったより強すぎることもあるので、数秒冷やすだけでヒリヒリが抑えられます。

 

3. 継続的な照射

ケノンのもみあげ脱毛は、2〜3週間に1回ていどの照射頻度がおすすめ。

毛の生え変わりのサイクルに合わせて継続的に行います。

照射後は、冷やして肌を鎮静させ、乾燥を防ぐための保湿を忘れずに。

ケノンの光は成長期の毛に効果があります。

抜けていく毛に当ててもムダ打ちになるので、毛のサイクルに合わせて照射していきます。

5回くらい照射すると毛の生えてくるペースが落ちてくるので、2週間おき、3週間おきと状態を見ながら処理しましょう。

 

注意点とアフターケア

もみあげ周辺の肌はデリケートなので、照射後の紫外線対策は欠かせません。

もし照射部位が赤くなったら、冷たいタオルやアイスノンを用いて冷やすのがおすすめ。

ケノンを活用し、正しい方法で続けることで、理想のもみあげを実現することができます。

焦らず、正しいステップを踏んで、美しいもみあげを手に入れましょう。

\安心の2年間保証付き!/

 

ケノンもみあげ女性[写真付]理想のもみあげになるまでの期間

上の画像は、ケノンを使って半年後のビフォアフター画像です。

理想のもみあげを手に入れるために、ケノンを使うことを考えているなら、期間や効果が気になるところですよね。

ケノンを使って理想のもみあげを手に入れるまでの期間について詳しくご紹介します。

🌟スタート時のベースラインを理解しよう!

  • もみあげの濃さや太さには個人差があります。
  • 最初の状態によって、理想のもみあげになるまでの期間が変わることがあります。

 

🌷脱毛のサイクルを知る

  1. 初回から数回:最初の数回は、脱毛の効果を実感しやすい時期です。毛が細くなったり、生えてくるスピードが遅くなることも。
  2. 中間フェーズ:ここで多くの方が「効果が薄れた?」と感じやすい。しかし、脱毛は毛周期と連動して効果を発揮するので、焦らず続けましょう。
  3. 理想の形に:大体5〜8回(半年くらいの期間)の照射で、ほとんどの方が理想のもみあげの形に近づくことができます。

 

💡ケノン使用の際のアドバイス

  • 照射間隔:2〜3週間に1回を目安に照射しましょう。
  • 継続は力:定期的に照射を行うことで、効果が持続しやすくなります。
  • 肌のケア:照射後は肌を冷やして保湿し、紫外線対策を忘れずに!

私は基本レベル8で照射しています。

その日の体調によっても痛みの感じ方が違うので、調子がいい時はレベル9に上げてみたりしていますが無理はしません。

照射頻度は、2〜3週間に一回くらいです。

 

ケノン脱毛で、もみあげがなくなるまでの期間

私の場合もみあげも濃かったのですが、ケノンを使い始めてから3ヶ月程度でまばらになり、半年程度経った頃には理想のデザインになれました。

頬や首の毛よりも、もみあげの方が早くなくなりましたね。

また最初はある程度重ね打ちをしていましたが、もみあげ程度なら重ね打ちも不要かな、と思っています。

VIOは手強いので重ね打ちが必須ですが、もみあげは通常通り2週間に1度、重ね打ちなしの照射でも十分なくなると思います。

ただし、濃いもみあげの方は、ある程度重ね打ちした方が良いかもしれません。

逆に言えば、そもくらい剛毛でも重ね打ちをすれば、ムダ毛はなくなっていくのでご安心ください。

 

1回目

半年経過
結果、もみあげ脱毛は満足できたので、根気よく続けられる人におすすめです。
理想のもみあげを手に入れるためには、継続的なケアと少しの辛抱(半年くらい)が必要です。

しかし、ケノンを正しく使い続けることで、自分だけの理想のもみあげに近づくことができます。

 

ケノンもみあげ女性|注意しておきたいこと

ケノンで、もみあげを脱毛するのときの注意事項をお伝えします✨

ケノンを正しく使えば、もみあげの脱毛もスムーズに。

ただし、ちょっとした注意点も。

 

照射前の準備

最初のステップは、肌の準備です。

もみあげ周辺は皮膚が薄く、敏感なエリア。

脱毛前には、きちんとクレンジングと洗顔を行い、肌の表面の汚れや余分な皮脂を取り除いてください。

 

照射レベルは低めから始める

初めてケノンを使う場合、低い照射レベルからスタートして、肌の反応をチェックしましょう。

肌に違和感や痛みを感じた場合は、使用を中止してください。

効果を求めて強いレベルで照射したい気持ちになるのはわかりますが、自宅でいつでも自分のペースで処理できるので、焦らず無理のない強さで処理しましょう

確かに照射レベルが強いほど脱毛の効果が高まりますが、肌へのダメージも強くなります。

場合によってはやけどする可能性もありますので、決して無理しないようにしましょう。

髪が濡れたまま使用するのはやめましょう。

髪から水が滴ってきた場合、機械が壊れてしまうおそれがあります。

また、濡れた状態の髪型というのは普段と見た目が異なるので、仕上がりのイメージがしにくくなってしまいます。

普段の髪型を写真にとって、スマホで見ながらやるのも良いでしょう。

 

もみあげの形に注意したい💡

あなたが目指す形に合わせて、照射する範囲を選びます。

思わぬ形になってしまう前に、ゆっくりと脱毛する部分を確認することをおすすめします。

確実に不要と思われる部分だけ処理していきましょう。

男性と違う点として、女性の髪型はトレンドが大きく変わることがあります。

また、もみあげが無ければ無いで、視覚的な問題で顔が「顔が大きく見えてしまう」場合もあるようです。

小顔メイクとしてわざわざ描き足しをする人もいますので、濃すぎる部分だけ慎重にやっていきましょう。

 

保湿はマスト

もみあげの脱毛後、そのエリアの乾燥を防ぐために、しっかりと保湿ケアを行いましょう。

保湿クリームや化粧水で、やさしくケアをしてください。

 

目の周り、ほくろ、シミは照射しない

ケノンの取扱説明書は、目の周りは避けるように記載しています。

目の周りを照射するときは注意が必要です。

またケノンの照射光は黒いものに反応します。

ケノンの取扱説明書は、ほくろやシミ、タトゥーには照射しないでくださいとも記載しています。

ほくろやシミにはサージカルテープなどで覆って照射することが推奨されています。

シミや日焼けで皮膚が黒くなっているとダメージが強すぎて肌トラブルの原因になりますので、黒い部分には照射しないように気をつけましょう。

 

日焼けはNG

照射後の肌は、日焼けにとても弱くなります。

外出する際は、日焼け止めや帽子、サングラスなどで、しっかりと紫外線対策を行ってください。

ケノンの取扱説明書には、照射後24時間は日光に当たらないように注意書きが書いてあります。

ダメージを受けた肌がさらに日光にさらされて日焼けした場合、炎症やただれなどのトラブルを起こす可能性があります。

どうしても外に出なければならない場合は、しっかり日焼け止めをつけ、ファンデーションを濃い目に塗って帽子をかぶって出かけましょう。

 

黒くない産毛には効果がない

ケノンは黒いものに反応する光で脱毛します。

なので、顔のムダ毛はきれいになっても色がない産毛はどうしても残ってしまいます。

これはIPL脱毛を採用している脱毛サロンで処理しても同じこと。

ただし黒いムダ毛がないだけでかなり肌がきれいに見えるので、私は色がない産毛が残っても問題ないと思います。

 

もみあげの脱毛は、ちょっとしたコツで成功するもの。

ケノンを正しく活用し、美しいもみあげを手に入れましょう✨

肌に優しく、安全に、そして効果的に脱毛することが大切です。

\安心の2年間保証付き!/

 

ケノンもみあげ女性|もみあげを整えてよかったこと[メリット]

ケノンで、もみあげを脱毛すると、とくに女性なら、以下のようなメリットが考えられます。

腕や足だけでなく、もみあげの脱毛にもケノンはおすすめです。

 

顔の印象が変わる

もみあげを整えることで、顔の形がすっきり見えたり、全体の印象が変わることがあります。

また、顔のバランスを整える効果も期待できます。

 

化粧のノリが良くなる

もみあげの毛が少なくなると、ファンデーションやパウダーのノリが向上します。

特に、もみあげの辺りに化粧品がたまりにくくなります。

 

化粧の持ちが良くなる

みあげの毛があると、その部分で化粧が崩れやすくなることがあります。

もみあげを処理することで、その部分の化粧の持ちが向上します。

 

アイメイクや眉メイクがしやすくなる

もみあげと眉毛の境界がはっきりすることで、眉メイクやアイメイクをしやすくなります。

 

清潔感が増す

もみあげが濃い場合、整えることで顔全体の清潔感が増します。

 

自信がつく

もみあげをきれいに整えることで、外見に自信がつき、自分をより良く見せることができます。

 

ビジネスシーンで印象アップ

特にビジネスシーンなどでは、きちんとした外見が求められることがあります。

もみあげを整えることで、よりプロフェッショナルな印象を与えることができます。

 

もみあげの処理は、完全に取り除く、薄くする、形を整えるなど、自分の理想に合わせて選んでください。

ただし、処理を行う際には肌トラブルを避けるための注意も必要です。

 

\安心の2年間保証付き!/

この記事を書いた人
この記事を書いた人
佐々木遙

メイクアップ・アーティスト。
約8年間、モデル、タレントなどの芸能活動を行い、引退後はメイクアップ・アーティストに転身。
国内外で舞台、スチール、ショー、芸能人のヘアとメイクを担当。
また、講師としても活躍中。

佐々木遙をフォローする
家庭用脱毛器ケノン
ケノンでかんたん脱毛!つるすべお肌をあなたに