ケノン照射後に剃るとどうなるか?知っておきたい正しい知識

家庭用脱毛器ケノン
佐々木遥
佐々木遥

ケノン照射後にムダ毛を剃るとどうなる?

剃っても大丈夫?

ケノンを使った後に剃ることは、お肌にとってどのような影響があるのでしょうか?

ケノンを照射した後にムダ毛を剃る際のお肌への影響について解説します。

結論は、照射前に剃る方が良いです。

ケノンを最大限に活用し、理想のお肌を手に入れてください。

この記事を読むことで、ケノン照射前後の適切なアフターケア方法や、効果的な剃るタイミングについて理解できます。

ケノン照射後に剃るとどうなる?お肌の調子について

脱毛後、ムダ毛を剃らない方が良いとされます。

主な理由は、肌への負担が大きいからです。

ケノン照射後のお肌は、レーザー光を浴びて水分量が減り、乾燥しやすくなっています。

肌を守るバリア機能も低下しているので、肌トラブルが起こりやすい状態です。

また、レーザーの照射熱によって毛の周辺組織が炎症を起こし、赤みが出たり腫れたりする場合もあるので、施術後はしっかりと保湿ケアをしましょう。

照射直後にムダ毛を剃るとお肌の調子はどうなるか

ケノン照射の直後は、光脱毛や医療レーザーの照射によって肌がダメージを受けている状態なので、肌に刺激を与えるようなことは極力避けましょう。

もし、気になるムダ毛をカミソリなどで剃ってしまうと、お肌の表面が傷ついたり、赤みをおびてしまう可能性があります。

剃った部分が一時的に赤くなることがありますが数時間で収まるはずですが、化粧水などでお肌の保湿ケアをしてあげてください。

照射後に生えてきたムダ毛を剃るまでの期間は?

脱毛の施術は、毛が生え替わるサイクルである毛周期に合わせて行われるので、施術と施術のあいだは1~3ヵ月程度空くのが一般的です。

ケノンは照射してから1ヵ月程すると、照射時には生えていなかったムダ毛が生えてきます。

次回の照射までのあいだ、生えてきた毛が気になるようなら、少なくとも照射後3日から1週間経った後、電気シェーバーでの自己処理がおすすめです。

ムダ毛が気になるようなら自己処理をしても構いませんが、施術後3日から1週間程度は間隔を空けて肌の状態が回復するのを待った上で、刺激の少ない電気シェーバーを使うのがおすすめです。

ケノンは照射後に剃るのでなく、照射前に剃るのが効果的

ケノン照射前は、必ず毛を剃ってからご利用ください。

約1mm程度の長さを残した方が効率的なムダ毛処理が出来ます。

※毛は抜かずに、毛の黒い部分が残るように剃って下さい。

引用:ケノン公式ユーザーサポート

ケノンを使った脱毛において、照射前に剃ることがなぜ効果的なのでしょうか?

その理由をわかりやすく解説します。

照射前に剃ることの効果

ケノンは照射前に剃ることが推奨されています。

毛には毛周期「成長期・退行期・休止期」というサイクルがあり、成長期の毛に合わせて照射する必要があるからです。

ではなぜ“成長期の毛”なのか?

それはケノンのようなフラッシュ脱毛は、毛に含まれるメラニン色素に反応してダメージを与えるから。

成長期の毛に多くのメラニンが含まれているので、成長期の毛に対して効率的にダメージを与えていきます。

しっかりとムダ毛にダメージを与えるために照射時に少し毛が伸びている必要があります。

およそ1ミリくらい。

前日に剃るくらいがちょうど良いでしょう。

また、毛が長いと照射光が毛根に効果的に届かず、脱毛の効果が低下してしまいます。

事前の剃り作業によって、エネルギーが毛根にしっかりと集中し、より確実な脱毛が期待できます。

照射前の剃り方のポイント

照射前にムダ毛を剃るときは、肌を傷つけず、均等に剃ることで、ケノンの効果を最大限に引き出せます。

シェーバーを使用し、適切な角度で剃ることを心がけましょう。

また毛抜きでの自己処理は避けましょう。

毛がしっかりと根っこにくっついてるからこそ、ダメージが伝わるので、抜いてしまっては効果は出にくくなってしまいます。

照射前の剃り作業が、ケノンをより有効かつ安全に使用する鍵となります。

正しい手順を踏んで、理想の脱毛結果を手に入れましょう。

ケノン照射後に剃る|もし、ムダ毛を剃らずに照射した場合

ケノンを使用する際、ムダ毛を剃らずに照射することがお肌にどのような影響を与えるのでしょうか?

結論から言うと、ケノンに限らず毛を剃らずに照射するのはNG。

光脱毛の場合、毛根のメラニン色素(黒い色)に反応してダメージを与え弱めていきます。

黒い色に反応する、つまり毛が伸びたままだと毛根以外にも照射のエネルギーが伝わってしまいます。

さらに、剃り残しがあると毛根までエネルギーが届かず、効果も出にくくなります

以上のことから、毛を剃らないで照射をするのは避けて、前日までにムダ毛の剃ってから照射をする必要あるのです。

脱毛効果の低下

レーザー脱毛や光脱毛の場合、基本的にムダ毛を剃っていない状態では施術を受けることができません。

なぜならレーザーや光を用いて行う脱毛は、脱毛したい箇所にレーザーや光を照射し、毛に含まれているメラニン色素と反応した熱で発毛組織にダメージを与えるという仕組みです

自己処理をせずにレーザーを照射すると、毛根から毛先にかけて熱エネルギーが分散されるため、毛根に熱を十分にためることができません。
熱が不足していると、発毛組織に十分なダメージを与えたり破壊したりできなくなるのです。
このように、自己処理をせずに施術を受けると、十分な効果を得られません

ムダ毛が残っている状態では、その効果が低下する可能性があります。

ムダ毛残しのリスク

ケノンを使用する場合、照射前にムダ毛を剃ることが一般的ですが、剃らずに照射した場合、ムダ毛が残ります。

これにより、エネルギーが毛に吸収され、お肌に余分な熱が生じる可能性があります。

結果として、お肌への刺激が増加し、肌トラブルのリスクが高まります。

ムダ毛を剃らずに照射すると、お肌が余分な刺激に晒されることになります。

これを避けるためにも、事前にムダ毛を剃ることは重要です。

肌にやさしいアプローチで脱毛を進めることで、快適で安全な結果を得ることができます。

ケノンを最大限に活かし、お肌への負担を軽減するためにも、照射前にはしっかりとムダ毛を剃ることをお勧めします。

正しい手順で脱毛を進め、美しい肌を手に入れましょう。

ケノン照射後に剃る|毎日使うとどうなるか?

ケノンを毎日使用することにはどのような影響があるのでしょうか?

お肌の健康に配慮しながら、毎日の使用について詳しく解説します。

Q.毎日つかっても大丈夫ですか?

A.毎日使えば早く結果が出るというわけではありません。

1週間程度の期間を空ける事をお勧めします。

引用:ケノン公式ユーザーサポート

毎日使用しても脱毛効果は変わらない

家庭用脱毛器は、毛の根が深くメラニン色素が濃い成長期の毛にのみ反応します。

退行期、休止期の毛はメラニン色素が薄く、家庭用脱毛器が反応しません。

そのため、毎日使用しても効果が変わらないのです。

ケノンを毎日使う場合、お肌に十分な休息を与えることが重要です。

過度な使用はお肌を傷つけ、かえってトラブルの原因となります。

適切な間隔を保ちつつ、過剰な負担を避けるように心掛けましょう。

ケノンの使用後の剃り作業は、正しいアフターケアと照射前の剃り方に注意することで、お肌に良い影響をもたらすことができます。

お肌の状態を見極めつつ、理想的な脱毛体験を実現しましょう。

適切なアフターケアの重要性

ケノンを使用したあとは、適切なアフターケアが不可欠です。

保湿を欠かさず行い、肌をいたわりながらケノンの効果を最大限に引き出しましょう。

肌の状態に合わせた使用頻度

ケノンは毎日使用しても脱毛効果はありません。

また、お肌に合わない場合は使用頻度を調整することが重要です。

お肌に適切な休息を与えることで、持続的な脱毛効果を追求することができます。

正しい手順で行うことで、美しい肌を維持しつつ、理想の脱毛結果を得ることができます。

この記事を書いた人
この記事を書いた人
佐々木遙

メイクアップ・アーティスト。
約8年間、モデル、タレントなどの芸能活動を行い、引退後はメイクアップ・アーティストに転身。
国内外で舞台、スチール、ショー、芸能人のヘアとメイクを担当。
また、講師としても活躍中。

佐々木遙をフォローする
家庭用脱毛器ケノン
ケノンでかんたん脱毛!つるすべお肌をあなたに